ブログで体験!バーチャル授業

整体、マッサージを探すならもみ楽へ
もみ楽TOP > ブログで体験!バーチャル授業 > 意外と難しくない?解剖学の基礎

意外と難しくない?解剖学の基礎

「解剖学」と聞くと、

みなさん難しく考えてしまいがちですよね?

 

解剖学とは・・・・

簡単に言ってしまえば、人間の体の「構造」を学ぶ学問。

それに対して、体の「機能」を学ぶのが「生理学」。

人の体に触れるための基礎を学んでいきます。

 

メインとなるのが、筋肉、骨格、関節など。

これを知らないと始りませんね!

 

最初は初めて聞く言葉ばかりなので、

ちょっぴり混乱することでしょう。

脊柱起立筋?尺骨?ハムストリングス??

 

でも大丈夫!

人間の筋肉も骨の名前も、

なにかしらの由来がある名前がついているので意外と簡単!

 

例えば、

首から肩、背中にかけて存在する「僧帽筋」。

ヨーロッパの寺院の僧侶の方がかぶる帽子の形に似ているので、

僧侶の帽子の筋肉=僧帽筋

という感じ。

 

その他にも、

その機能に由来した名前がついている筋肉。

その部位に由来した名前がついている骨など。

意外と難しくないんです!

 

重要なものに関しては、講義の中で繰り返し学んでいくのでご安心を!!